ローコスト住宅の家造り!ハウスメーカー選びのポイントも紹介

若い夫婦でもマイホームを持てるローコスト住宅

坪単位30万円程度、1000万円台ででマイホームを建てることができるローコスト住宅は、若い夫婦に人気のある注文住宅のタイプです。価格が魅力的ですが、なぜそんなに安いのか気になっている人も多いでしょう。注文住宅というと設計や設備に自由が効くので、建売住宅よりも高額というイメージを持つ人もいますよね。しかし、ローコスト住宅では、徹底したコストカットができることから、価格を抑えることができるのです。

家の建材や設備など、あらかじめグレードや規格を統一して家造りをすすめるため、大量発注や大量生産が可能になり、仕入れコストを大幅に削減できます。また、間取りやデザイン、工法もシンプルなスタイルに統一するため、工事にかかる人件費や手間、時間も省いて更にコストカットにつながり、安い価格で品質の良いローコスト住宅を手に入れることができるのです。

ハウスメーカー選びのポイントとは

注文住宅をローコスト住宅のタイプで家造りをしようと決めたら、どこの業者に依頼すればいいのかと悩みますよね。ローコスト住宅の家造りを得意としているのがハウスメーカーです。失敗せずに価値のある住宅を建ててもらうためには、ハウスメーカー選びは重要ポイントとなります。ローコスト住宅は間取りやデザイン、部屋数などが規格化されたプランになっていることが多いので、自分たちの希望する住まいのプランがあるかどうかをよく確認しましょう。

そして、ハウスメーカーにより、子育て世帯向けやバリアフリー、耐震性や断熱性に優れた性能の良い家など、得意としている住宅のタイプは異なります。ですから、自分たちの理想の住まいのかたちにマッチするハウスメーカーを選ぶようにしましょう。

二世帯住宅といっても、完全同居型、部分共有型などの種類があります。互いのプライバシーや生活スタイルを守りつつ困ったときには助け合える、そんなストレスフリーな暮らしには完全分離型という選択肢もあります。