どれを選ぶ?!住宅の工法にはこんなに種類がある!


日本の主流である在来工法

在来工法は、木造軸組工法とも言われている工法です。土台や柱、梁、筋交いなどで構成されており、古くから住宅の工法として親しまれてきました。かつては強度面で不安もありましたが、阪神大震災以降には新耐震基準が設けられ、強度も十分高められるようになりました。日本で主流の工法でもあるため、新築の時に依頼した建築会社でなくてもリフォームしやすいというメリットがあります。

効率的なプレハブ工法

プレハブ工法は、工場である程度のところまで部材を生産しておき、現場に運んで組み立てていくスタイルの工法です。躯体には、木質系や鉄骨系、コンクリート系など様々なものが用いられています。工場でつくられる部分が多いことから、品質が安定し、管理も行き届きやすいというメリットがあります。

面でつくり上げるツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法は、北米から日本に輸入され、1970年代頃から多く見られるようになりました。断面が2インチ掛ける4インチサイズの木材を主に使っており、床や壁、天井、そして屋根などの面全体で建物の強度を維持する仕組みになっています。気密性も高くなっており、断熱性にも優れています。

建築会社の得意分野を知ろう

鉄骨造や鉄筋コンクリート造、そして、丸太を使うログハウスなど、家造りに用いる工法には様々なものがあります。また、建築会社が得意としている工法は会社によってそれぞれ異なります。その会社が得意としている分野を選ぶことで、クオリティの高い家造りができるようになるため、あらかじめよく調べてから選ぶようにしましょう。

横浜の注文住宅業者の中には、ウイルスに強いオリジナル漆喰を使用する等、全国一の歴史を誇る無添加住宅業者もあります。一物件一担当制で、一級建築士が打ち合わせからアフターメンテナンスまで一貫して行います。