バリアフリー設計を取り入れた住宅づくりについて

注目されているバリアフリー住宅

マイホームを購入したときは20代、30代と若くても、いずれ高齢者になるときが来ます。そして、将来は親の介護も検討しているという人もいるかも知れません。バリアフリーというのは、「障害がない」という意味です。現在では主に高齢者の方が安全かつ快適に暮らせるように、バリアフリーの家や施設、街づくりがすすめられています。また、バリアフリー住宅は高齢者だけが対象ではありません。家族の誰かが今後いつ大きな事故に遭うかわからないものなので、これから注文住宅を建てるときはバリアフリーを含めた設計の検討をしてみてはどうでしょうか。玄関や廊下など、身近なところで意外と簡単に取り入れることができるのでおすすめです。

バリアフリー住宅の設計ポイント

バリアフリーを取り入れる場所は、特に家の中にある共有部分に着目してみましょう。たとえば、家族が共有する玄関や廊下、キッチンやトイレ、お風呂などは、日常で使わずに生活できない場所なのでバリアフリー化は必要です。そういう場所に手すりを置いたり、十分なスペースを確保するなど、みんなが安全に暮らせるように、生活することをイメージしながら工夫して設計するのがよいでしょう。そして、玄関や部屋の入り口は足がつまずかないように、段差をつけずに徹底したバリアフリー化をすすめておくと安全です。

また、トイレやお風呂などは、出入りがしやすいように配慮して設計し、エアコンやブザーなどの設備を付けるのもよいでしょう。施工業者を選ぶときは、バリアフリー住宅の実績のある業者を選べば、良い設計の案を提案してもらえます。

大阪の注文住宅は、土地相場価格の高い大阪市内や人気のある北摂エリアよりも、坪単価の低い泉南地域で建てたほうが予算が抑えられるでしょう。