事前の賃貸部屋の下見で失敗を回避!見るべきチェックポイントは?

暮らしやすさに匹敵する賃貸部屋の下見の大切さ

賃貸部屋を借りるときは、事前の下見が鉄則です。賃貸広告の写真では建物も部屋もキレイだから大丈夫だろうと、広告の情報だけを見て契約するのはやめたほうがいいです。部屋の下見では、賃貸広告だけでは分からない細かい部分をチェックできます。想像より部屋が狭かったり、キッチンのシンクの高さが自分に合わなかったりと、下見しないと見えてこない事も多いです。普段よく使うキッチンやバス・トイレなどの設備の使い勝手も実際に確認できる大切な機会となります。

シンクの高さと家事の動線について

シンクの高さは、少し高いほうが腰に負担がないと言われることが多いです。しかし、高すぎても低すぎても使い勝手は悪くなるため、作業を想定しながら体感してみると良いです。一般的に85センチ程度がベストな高さと言われていますが、個人により身長差はあるので、使い勝手の良し悪しを確認しましょう。そして、家事の動線もチェックします。冷蔵庫や食卓の配置をイメージし、シンクとの距離感を掴み、実際に動き回って配膳がしやすいかなど、動きやすさを見ておきます。

気になる防犯性、鍵の仕様をチェック

部屋の下見の際は防犯面も意識して、鍵の仕様をチェックします。建物がオートロックであっても、不審者が侵入することもあります。空き巣や強盗などの悪質な犯罪が増えているので、見落とさないようにしましょう。玄関や各サッシなど、侵入経路になりやすい様々な場所の鍵の細かい仕様を確認します。玄関は、鍵が2つ設置されているダブルロックや、鎌付のデットボルトであると、ピッキングに強くて防犯対策になります。

江別の賃貸に投資をして利益を生み出したいのであれば、利回りの良い物件に注目する事が大切です。それだけで短期間で収益をプラスにできます。