狭いことがメリットになる?狭小住宅が持つこんな魅力!

土地購入に掛かる負担を抑えられる

狭い土地に建てられる狭小住宅は、その狭さもあって土地代が安上がりで済むのが魅力のひとつと言えるでしょう。それによって、手が届きにくい地価の高いエリアに住めるチャンスを持てたり、建物に対して資金を費やしやすかったりなどのメリットも生まれます。建てた後に発生する、固定資産税や都市計画税といった、税金関係も安く抑えられますので、マイホームの維持に掛かる負担をコンパクトにしたい人にも狭小住宅は打ってつけです。ただ、坪単価が割高になったり、建築コストが上がったりする点には注意をした方が良いでしょう。

家族の存在を感じやすい

狭小住宅は室内空間があまり広くありませんが、その狭さはメリットにもなり得ます。家族で暮らす場合も、どこに人がいるのかを把握できコミュニケーションも取りやすくなるでしょう。広い家ですと一つ屋根の下で暮らしていても、家族ですら顔を合わせないというケースもありますので、お互いを身近に感じたい場合は敢えて狭小住宅で暮らすのも、意義のある選択と言えそうですね。

建物のメンテナンスや日々の掃除の負担が減る

建物や土地が狭いことで、メンテナンスの負担がコンパクトで済むというメリットもあります。マイホームを持つと定期的にコストが掛かることで家計が圧迫されがちですが、狭小住宅はその負担を減らすことに貢献してくれます。また、普段の掃除の手間に関しても広さがない分、楽々とお手入れを行いやすいです。少ない負担でキレイな環境を保つことができるため、掃除が得意ではない人にとって、住み心地の良いマイホームとなるはずです。

狭小住宅にはロフトや中二階など空間を最大限に使ったアイデアが採用されているので、お洒落な内観が多い点が魅力です。