オール電化は本当に良いの?賃貸で選ぶ三つのメリットとは?

オール電化なら光熱費を一本化できる

オール電化の賃貸物件を選ぶメリットとしてまず挙げられるのは光熱費を一本化できることです。ガスを使わなくて済むので、ガス会社との契約をする必要がありません。入居時や退去時に手続きの手間がかからないだけでなく、ガス料金の支払いが必要ないので光熱費を節約できます。電気とガスはあまり費用に違いがありませんが、ガスの基本料金の支払いがない分は安上がりにできるでしょう。オール電化の場合には電気代の節約の仕方も工夫できるので、やり方次第では光熱費をかなり抑えられます。

オール電化なら火災リスクが低い

オール電化の物件は火災リスクが低いのがメリットです。賃貸物件では火災保険への加入が義務付けられていて、失火したときには補償を受けられるのは確かです。しかし、実際に火事が起こってしまうと復旧が大変になることは否めません。ガスを使わなければ火が出るリスクが低く、ガス爆発のリスクもありません。自分だけでなく他の居住者が火を出して被害を受けることもあるので、安心できる住まいを求めるならオール電化の方が良いでしょう。

原状回復の負担も小さい

原状回復義務は賃貸物件を借りている人に課されているものです。退去するときには経年劣化の分を除いてきれいに元通りにしてから物件を返さなければなりません。この際の負担が小さいのもオール電化のメリットです。ガス火で調理するのに比べるとキッチンが汚れにくく、掃除もしやすいからです。原状回復トラブルはよく起こるものなので、負担を少しでも減らしておくのは賢い考え方でしょう。

千歳の賃貸は共益費が高い場合があります。その理由として雪対応の設備やセキュリティ対応の費用が掛かるためです。