賃貸オフィス選びが会社の売上を左右することもある

賃貸オフィスを契約する際に気をつけること

賃貸オフィスを契約する場合には、新規事業立ち上げ時期や、事業拡大局面であることが多いものです。オフィスの立地により、会社のイメージが変わったり、売上に影響が出たりすることも少なくありません。オフィスを契約する際には、賃料や入居に掛かる費用の面だけではなく、包括的な検討を進めることが大切です。

オフィスを契約する際には、優先するべきポイントを明確にしておくことが大切です。室内の広さや駅からの距離など、譲れない部分は何かを見極めておくことです。物件選びのポイントが明確になった後は、同様な物件を複数の会社の間で比較していきましょう。同じ条件の物件であっても、会社によって賃料の設定が違う場合もあるからです。

自社の業種に相応しいエリア選びも大切

オフィスの契約を進める際には、社員が通いやすかったり、家賃が少なかったりといった基準だけではなく、自社のイメージに相応しいエリアであることも大切な条件となります。アパレル製品などを扱う業種では、都心部に事務所の住所があることが、ブランディング効果を与えることもあるからです。社内事情を加味した物件検討だけではなく、クライアントや消費者との兼ね合いも考慮した上で、必要となる物件を選んでいきましょう。

賃貸オフィスを扱う不動産会社では、事前に受けられる相談会を開催しています。殆どの会社では、無料で賃貸オフィスに関する話しを聞くことが可能となっています。社内での検討が終わった際には、豊富な事例を抱える不動産会社に問い合わせてみるのも良いでしょう。

交通の便がよく、ネームバリューのある港区で賃貸事務所を探すなら、エリアごとの特徴を知りましょう。賃料は高めですが、選択肢は多いです。