家造りをする際に知っておきたい土地探しのポイント

設計プランに合った土地を見つけよう

家造りを行うにあたって、最初に行わなければならないのは、家を建てる土地を見つけるということです。理想の土地を見つけるためのポイントはいくつかありますが、特に重要なのは設計プランに合う土地を選ぶべきであるという点です。たとえば、建坪30坪の家を建てたいと考えているのであれば、少なくともそのサイズの建物が建てられる土地でなければなりません。建坪30坪であれば35坪の土地で十分と考えていたら、建蔽率が80パーセントしかなかったのでより小規模な家しか建てられなかったというケースは珍しくないのです。建蔽率以外にも、土地には様々な建築制限が設けられているのが一般的ですので、それらをしっかりと確認した上で、想定している家が建てられる物件を選ぶようにしましょう。

周囲の環境も重視しよう

土地を探す際には、その物件の内容だけでなく、周囲の環境もしっかりと見極める必要があります。いくら土地の条件が良くても、近くに迷惑施設が存在する場合には、避けた方がよいかもしれません。また、小さな子供がいる場合には、教育環境にも気を配るべきです。近くの保育施設や学校などのレベルや、住民の教育熱などについてもチェックしておいた方がよいでしょう。住む場所が子供の学力に与える影響は少なくないといわれていますので、しっかりと教育を受けさせたいのであれば、教育環境の確認をおろそかにしてはなりません。あわせて、周辺の治安に問題がないかどうかも調べておきましょう。

3000万の家は多くの魅力があります。面積が広い事や設備が整っているなど、生活をする上での満足度が高い住宅です。