月: 2021年1月

事前の賃貸部屋の下見で失敗を回避!見るべきチェックポイントは?

暮らしやすさに匹敵する賃貸部屋の下見の大切さ賃貸部屋を借りるときは、事前の下見が鉄則です。賃貸広告の写真では建物も部屋もキレイだから大丈夫だろうと、広告の情報だけを見て契約するのはやめたほうがいいです。部屋の下見では、賃貸広告だけでは分からない細かい部分をチェックできます。想像より部屋が狭かったり、…

賃貸オフィス選びで失敗しないためにはココをおさえよう

コストはトータルで考えよう賃貸オフィスを利用する際、やはり気になる部分と言えば、コストではないでしょうか。オフィスの賃貸料の他、光熱費なども含め、1月にどれくらいのコストがかかるのかは、しっかりと確認しておく必要があります。コストの中でも大きな割合を占める賃貸料を検討する人は多いものの、それだけで判…

コストダウンのコツ!注文住宅の費用を抑えるためにやっておくこと

総二階建ての家にしておく注文住宅で家を建てる場合、コストが高くなりがちです。しかしいくつかあるコツを知っておくと余計な費用を抑えられるかもしれません。例えばいわゆる総二階建てと呼ばれる家にすると良いでしょう。一階と二階の面積が同じ家のことで、屋根の材料が少なくてすむため、費用が安くすむことが多いです…

バリアフリー設計を取り入れた住宅づくりについて

注目されているバリアフリー住宅マイホームを購入したときは20代、30代と若くても、いずれ高齢者になるときが来ます。そして、将来は親の介護も検討しているという人もいるかも知れません。バリアフリーというのは、「障害がない」という意味です。現在では主に高齢者の方が安全かつ快適に暮らせるように、バリアフリー…

どれを選ぶ?!住宅の工法にはこんなに種類がある!

日本の主流である在来工法在来工法は、木造軸組工法とも言われている工法です。土台や柱、梁、筋交いなどで構成されており、古くから住宅の工法として親しまれてきました。かつては強度面で不安もありましたが、阪神大震災以降には新耐震基準が設けられ、強度も十分高められるようになりました。日本で主流の工法でもあるた…

家族構成別に考える賃貸住宅の選び方とは?

一人暮らしをする場合は?一人暮らしをする方は、一緒に住む相手に配慮して賃貸を選ぶ必要がないので、自分が暮らしやすい環境かどうかということだけを考えられますよね。学校や職場など、自分の行動範囲を考慮してどの地域に住むのかを決めれば、通学通勤もしやすくなるのではないでしょうか。また、家の近くにスーパーや…

ローコスト住宅の家造り!ハウスメーカー選びのポイントも紹介

若い夫婦でもマイホームを持てるローコスト住宅坪単位30万円程度、1000万円台ででマイホームを建てることができるローコスト住宅は、若い夫婦に人気のある注文住宅のタイプです。価格が魅力的ですが、なぜそんなに安いのか気になっている人も多いでしょう。注文住宅というと設計や設備に自由が効くので、建売住宅より…